脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症を治す

 

 

脊柱管狭窄症とは、脊椎の間に走る神経の通り道に異物ができて、神経に圧迫し足のしびれ間欠性跛行と呼ばれ歩いては座り、それを繰り返す動作が主な症状です。

 

 

圧迫が原因だと言われますが、本当にそうでしょうか?狭窄症患者さんのうち、痛みがあるのに手術は今はしない、薬だけで済まそうとするのはどうしてでしょうか?

本当に間が狭くなり、圧迫だけが正しいのでしょうか?

 

 

私が長年診てきた経験から圧迫が問題ではなく、その周辺の筋肉、そこにつながる関節に原因の一端があるのではないかとみています。

 

 

結果として、計画性に診療されてきた方は、かなりの改善が見られます。

 

手術してみるのも、放置してみるのも、すべて選択です。

 

当院では脊柱管狭窄症は、手技のみで診ていきます。予約診療のみになります。

 

北川鍼灸整骨院 TEL0761-77-2299

診療時間 月~土 午前 8:30~12:00 土13:00まで 午後15:00~19:00 水・土 予約のみ自費診療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です